COS / Rami 2019(オレンジ)

COS / Rami 2019
コス/ラミ 2019年

タイプ:オレンジ
生産地:イタリア/シチリア州
品種:インツォリア50%、グレカニコ50%
輸入元:テラヴェール(株)

〜輸入元資料より〜
〈C.O.S〉
チェラスオーロ・ディ・ヴィットリアを代表する造り手。自然なワイン造りに傾倒しており、アンフォラ発酵はいち早く導入。今では非常に高い完成度を誇っている。世界最大のアンフォラ熟成庫シチリア「ヴィットリア」での高品質ワインの歴史は浅い。「コス」が創業した80年代、高品質少量生産ワイナリーは1軒も存在しなかった。『果樹園、さぼてん栽培とオリーヴ畑がこの地域の産業。80年代のヴィットリアでは葡萄畑は荒廃していた。皆が諦めていた』「ジュスト・オキピンティ」、「ジャンバティスタ・チリア」と「チリノ・ストラノ」の3人がこの地のワイン造りの復活を目指して創業した。『3人の名前の頭文字を取ってC.O.Sと名付けた。現在ではチリノが抜け、ジュストとティッタ(ジャンバティスタ)の2人で運営している』当初は当時の最先端のワイン造りを取り入れていてバリックが並び、カベルネを尊重していた。1991年には新たに「ヴィラ・フォンタネ」を購入。個性の違った区画に育つ古樹を手に入れる。『ワインと自然の結び付きを感じ始め、ビオディナミに行き着く。2000年には古代のワイン造りを目指し、シチリアで初めてアンフォラを導入』今ではバリックは全て売却され、150個の「アンフォラ」が地中に埋められている。これは世界最大規模のアンフォラ醸造所だ。

〈ラミ〉
2018年とまったく同品種同比率であるにもかかわらず、明らかに複雑で深みのあるワインに仕上がった。10日間のマセレーションがワインをさらにリッチにし、エキゾチックなフルーツの香りが岩そのものを髣髴とさせる強いミネラル感の上にしっかりと乗っている。シュナンやガルガーネガに類似するグレカニコという偉大な品種は、熟成にも耐えうる。

☆ワインの送料は1本から6本まで、
全国ヤマトクール宅急便80サイズにて、関東よりお送りさせていただきます。

☆4月〜10月期は商品の品質保持のためクール便を適用させていただきます。送料と別にクール便代がかかります。

※梱包には無料リサイクル資材の使用を推進しております。ご了承ください。

○ヤマト宅急便・クール宅急便料金
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/estimate/kanto.html
在庫状況 在庫2
販売価格
3,900円(税込4,290円)
購入数